冷え性

ホルモン不規則体質及び鉄分不足体質とはなにか?

冷え性にも、体質的な傾向があります。個々によって出方も違えば、成りやすい人とそうでない人がいます。 例えば、鉄分不足な人は、冷え性に成りやすいようです。特に、女性はダイエットなどで極端に食事を減らすような行動によって、 鉄分不足に陥る人が多く、必然的に血行不良、冷え性となっていく人が多いようです。 因みに、鉄分が長期的に不足するような状態が続いてしまうと、貧血になりますよね。貧血は血行不良を起こし、血行不良は冷え性を引き起こします。 貧血は、血液が不足している状態ですが、血液は赤血球によって酸素を運ぶ役割をしています。 鉄分が不足すると、貧血体質となり、赤血球が少ない血液と体には、酸素不足によって、体力が不足する状態となり、体が冷える状態となってしまうのです。 また、女性はホルモン不規則体質になりやすいという調査結果が出ています。簡単に言うと、自律神経失調症になり、冷え性になります。 こうなると、腰が冷えているのに頭は熱があるかのように熱くなる事があります。 この症状は、更年期の女性に多いようです。この症状は病気ではありませんので、時期が来れば収まるという特性も持っています。ホルモン不規則体質及び鉄分不足体質とはなにか?