冷え性

自律神経を失調してしまう体質とは?

一言で冷え性と言っても、人によって、体質によって様々な症状に分かれます。 そのなかで主なものは、自律神経失調体質でしょう。 実際、冷え性の人を調べてみると、自律神経失調の体質や症状であることが発覚することは珍しくありません。 自律神経は、血管や臓器など、私たちの身体を正常に保つ働きをしていると解釈出来ます。 例えば、暑ければ発汗したり、寒ければ鳥肌を立てたり、眼球運動や胃腸の消化活動も、すべて自律神経が制御しています。 この失調症ですから、重大な事である事は言うまでもないと思います。 冷え性がすべてではありませんが、この自律神経が不調になると、体のあちらこちらに障害が現れ、とても大変な事になります。 冷え性が必ずと言う原因ではありませんが、要因は一つでも少ない方がいいのですから、冷え性の改善・予防に努めたいですね。自律神経を失調してしまう体質とは?