冷え性

夏バテとの関係

夏になると、冷え性になる方が増えるようです。そうなると、暑さが原因で身体の調子が悪くなってしまい、夏バテになってしまうことも多いのです。 夏バテになると、食欲が落ちて食欲不振になる方も多いようですね。そうなるとどうしても栄養が不足してしまうこともあると思いますが、脱水症状や寝不足など、夏バテが原因で起こる障害もあるのです。 また、気分が悪い、身体がだるいといった症状も夏バテが原因ですが、なぜ夏バテになるかと言うと、冷房が大きな要因となっているようです。 暑い日が続くとどうしても冷房を使いたくなってしまいますし、自宅だけでなく、スーパー、駅、仕事場などでも冷房がきいていることは多いですよね。 冷房があることによって確かに快適だと思えますが、人間の身体というのは、元々気温の変化に対して自然と対応できるようになっているため、急に温度差が生じた場合は体温調節のバランスが崩れてしまうこともあるのです。 そういったことから、冷房病、クーラー病と言われる脱水症状や食欲不振といった症状に繋がるのです。 また、元々冷え性の場合には、長い間冷房にあたっていることによって神経バランスが崩れ、夏なのにも関わらず冷え性が悪化することもあるのです。 冷え性というと冬のようなイメージがありますが、夏バテが原因でなることもあるのですね。 そうならないためにも、冷房がきいている場所に行くときには上着を持って行くなどの対策をとってみてください。