冷え性

睡眠方法で改善しましょう

冷え性と睡眠というのも関係がありますが、これは冷え性であるために冷えが気になって良質な睡眠がとれない、なかなか寝れないということがあるからです。 足を温めることによって冷え性を改善することもできますので、それによって眠れることもあります。これは、足が温かくなることにより、血液の循環が促進されるからなのです。 また、寝る時の正しい姿勢というものもありますので、それによって血液循環を良くすることもできますよ。 また、就寝時に靴下を履くことによって足が温まりますのでおすすめです。もし布団から足が出てしまったとしても、靴下を履いていればそこまで寒さを感じませんよね。 しかし、冷え性の場合には、靴下を履くことにより足が締め付けられてしまうため、血行が悪くなってしまい、更に冷え性が悪化する可能性もあります。 専用の靴下も販売されていますので、そういったものを利用したり、寝る時に布団の中に湯たんぽを入れるのも良いでしょうね。 就寝時には足枕などを使って足を高くして寝ると下半身に滞っている血液の流れを促進できますので、自然と体温が下がるということに対する予防方法にも繋がります。 最後になりますが、布団の素材が軽いと首、肩が寒く感じることもありますので、もし軽い布団を使用しているのであれば、重みがあるものに変えるだけでも効果があるかと思います。