冷え性

冷え性に効果的な入浴法について

しっかりと入浴する事は良い事ですが、実際にお湯に浸かるのですから、しっかりと効果が発揮できる入浴の仕方をしたいところですね。 適した入浴方法でないと、せっかく入浴している効果が薄らいでしまいます。 意外なんですが、首までしっかりとお湯に浸かるよりも、半身浴の方が良い、などという話を聞いたことがある人も多いと思います。 半身浴は、上半身がお湯から出るようにして入浴します。上半身が浸からない分、下半身をしっかりと温められるという事です。 そして、下半身の滞りやすい血行を良くして、全身に血が巡るようにするのです。これにより、全身が温まってくるのです。 他にも、温冷交代浴という方法があります。熱いお湯にしっかりと浸かった後、すぐに冷たい水を手足にかけ、再度熱いお湯に浸かる、 これを5回位繰り返すのが、温冷交代浴です。 熱を吸収した血管に冷水をかけると、熱を吸収した血管が冷たい水によって熱を閉じ込めたまま血管を収縮させる為、保温のような働きが起こると考えられています。 サウナに冷水が設置されているのも、この論理のようです。 他には、お湯に浸かった際には、足指体操も血流い良いようです。入浴中に足の指を動かすだけです。 これにより、自律神経が活性化され、血行が良くなります。 入浴後にお風呂からあがった時には、体を冷やさないように、髪はしっかりと乾かし、衣服はすぐに着るようにします。 せっかく温めた体をわざわざ冷やさないように気を付けましょう。 湯冷めしては、冷え性にも風邪にも良くありませんからね。