冷え性

お風呂での対策方法は?

お風呂にしっかりと浸かることも、冷え性に対する改善策の一つです。もちろん、ここでいうお風呂は、衛生面で言っているのではありません。 普通、清潔を保つためにお風呂は毎日入ると思いますが、生活スタイルによっては、シャワーだけで済ませたり、ということもあると思います。 冷え性に対しては、お風呂の湯船にしっかりと浸かることがとても大切です。 湯船でお湯につかるという事は、ただ単に体を温めるだけではありません。冷えて収縮してしまっている血管を、再度拡げて血行を良くし、 冷え性の緩和につながるという話です。 湯船につかるにしても、適温というものがあります。イメージとして、なるべく熱めのお湯に浸かった方が良い気がしてしまいますが、 実際にはそういう事はありません。 余りに熱いお湯だと、結局長時間入っていられないため、入浴時間が短くなり、体の中まで温まる前にあがってしまうことになってしまいます。 ですので、少しぬるいと思う程度がちょうど良いと思います。具体的には、40度位が適温でしょう。 入浴の際には、たまには入浴剤なんかを入れてみると、その効能を受けられ、良いかも知れませんね。何より、入浴が楽しくなりそうです。 時間が無くて湯船に浸かれない時には、足湯だけでも効果がありますよ。 足湯の場合には、少し熱めの42〜3度位で入浴すると良いでしょう。