冷え性

冷えを改善するために衣服を変えてみましょう

冷え性の観点から見て、衣服はとても重要です。冷え性に対し、とても有効な衣服もあります。 特に、寒い冬に薄着で過ごすと健康的だ、というような話を聞く事がありますが、それは冷え性でないことが前提の話だと思います。 冷え性の人が、わざわざ薄着をする事は、ナンセンスになってしまいますよね。 冬の薄着は、くれぐれも、冷え性に響かない範囲で行いましょう。 ここでは、冷え性の人が衣服で症状を改善出来る着用のポイントを紹介します。 まずは、首を必ず温めること。首は頭に血液を送っている、非常に重要な部位ですね。首は、頭を支えている訳ですから、筋肉が凝りやすく、 血行も滞りやすい部位と言えます。つまり冷えやすいという事です。 冷え性に悩む方ならば、マフラーなどをして、なるべく首を温めるようにしましょう。 また、基本的ですが、重ね着・厚着によって体を温めるのも効果的ですよね。重ね着することによって、保温効果は劇的に高まります。 その際には、1番下の服は、汗などを吸収しやすいTシャツか、それに代わる肌着を着ましょう。 その上から、長袖の服や、シャツを着るようにし、衣服1枚きりで風邪が体に当たることが無いようにした方が、冷えを予防出来るでしょう。 更に、靴下やタイツを必ず着用し、足元からの冷えを防止しましょう。 靴も、女性が履くブーツはお勧めです。 この際、ふくらはぎや、足を締め付けて圧迫してしまうようなことが無いか、しっかりと確認して着用しましょう。 せっかく温めても、血行を悪くしては意味がありません。 時々、足湯に当たるのも効果的な冷え性対策と言えますね。