冷え性

改善効果のある腹巻き

仕事などで、座った姿勢を長時間続けていると、お腹が温かく感じる経験をされた方は多いと思います。 また、冷え性の方は、運動など汗をかいた後にお腹を触ると、冷たく冷えて感じると思います。 お腹は、実は手足に次いで、冷えやすい部位なのです。 運動後に汗をかいて暑いのに、お腹は冷えている、という状態は、体の内部から本当には温まっていないという事になります。 暑い日、暑い時には、当然冷たい飲み物を飲みたいし、風に当たって涼みたいと思いますよね。 だからと言って、それを続ければ、風邪をひいたり、体の冷えによって体の血行が悪くなり、お腹が冷える、ということになってしまいます。 手足の冷えは、割と気付きますが、お腹の冷えは、気付かない事が多いようです。夜寝る時、半そでや、お腹が出るような服装で寝ている場合には、注意が必要です。 このように、お腹が冷える要因は多いですが、温めるにはどうしたらいいでしょうか。 やはり、直接的に腹巻きをすると、効果があります。最近は少し流行性も出ており、遠赤外線だとか、ゲルマニウム効果などを持った商品が続々と販売されています。 特に遠赤外線仕様の物は、何かと冷え性対策品などに採用されている、効果が望めそうな商品です。 寝る時にお腹が冷えるとか、冷え性でお腹が...という方は、こうした腹巻きの着用を検討されてみてはいかがでしょうか。