冷え性

改善効果のあるビタミンについて

冷え性に悩む、若しくは予防を考える時、陰性と陽性の食べ物は知っておいた方が懸命でしょう。 また、ビタミンなど、食べ物に含まれる栄養素もしっておくと、尚、冷え性の改善・予防に役立つでしょう。 ビタミンB1は、糖質を燃やす働きがあり、体を動かす基になるエネルギーを効果的に生み出します。 豚肉、マグロ、卵、ゴマ、ほうれん草、レバー、イワシ、焼き海苔などに特に多く含有するようです。 これらを摂取する時には、ニンニクやニラと一緒にすると、アリシンという成分が、よりビタミンB1の吸収を効果的にする働きをするようです。 ビタミンEは、血液の脂質を下げ、サラサラにするという効能があります。血液がサラサラになることで、血行が良くなりますので、 毛細血管を拡張し、血行によって体を温める働きもします。 ビタミンEは、冷え性に対する効果だけでなく、肩凝りや、更年期障害や、成人病など、現代病の改善・予防にも効果があるようです。 体を幅広く元気にするビタミンですね。 イワシ、カボチャ、ほうれん草、タラコなどに多く含有します。意外ですが、油と一緒に摂取すると、吸収率が向上するようです。 このビタミンB1とEの摂取を覚えておくだけで、冷え性に対する食事のサポートに役立つでしょう。 日頃から心掛けて良質な食事をしたいですね。